特許翻訳者が工場見学 ~2012~


「文系の翻訳者が特許翻訳をする」



その難しさは、解体実習の投稿などでも書きました。

弊社では、日頃のOJTはもちろんのこと、いろいろな角度から教育制度を工夫しています。

 

その一つが、工場見学。



モノの製造現場にあまり馴染みのない我々文系の勉強の場に、と4年前くらいからちょこちょこと実施しています。


実際にお客様の工場にお邪魔する予定もありますし、

工場見学ツアーの参加者として、お客様をお誘いし、交流の場を兼ねることも。


さて、過去から遡って、このホームページにて、その様子もご紹介できたらと思っております。


2012年、3月。

 

サントリー ウイスキー工場  山崎蒸留所

 


数年前からの工場見学ブームで、最も人気なスポットの一つだと思います。

「山崎」ってどこなんだろう、、なんとなく京都のイメージ

ちがうんです、
大阪と京都のまさに県境ギリの、、大阪サイド。

大阪府三島郡。

 

 

はい、正直、聞いたことないですね。

高槻とかそっちの方面で、三ノ宮から電車で1時間くらいです。

JR山崎駅から徒歩で、10分くらいでしたでしょうか。

 

静かな道のりだったと記憶しています。


ちなみに、なんとこのJR山崎駅自体は、ギリ県境の、京都サイド。

とりあえず、ギリギリの県境にあるのが、このウイスキー工場。

SONY DSC
この山崎、という地が、自然に囲まれ、きれいなお水が豊富に沸いたことで蒸留所に適しているそう。

サントリー創業者の、鳥井さんが1923年に建て始めたんだとか。

もうあと数年で、100年てことか。

 

左の座ってるのが、鳥井さん

右は、鳥井さんの二男の二代目社長。


さてさて、見学は、我々の団体8名を含む20人くらいでスタート。

SONY DSC

けっこう各々自由に、見て進んでいくかたちでした。

(今はどうかわかりませんが)

仕込み、

発酵、

蒸溜、

貯蔵まで。

 

SONY DSC
ふむふむ。
(きっと、既にお酒の味を想像してよだれがでそうな、男性陣。笑)

ぽかーんと、見ている私たちに、岩井から説明がはいったり、

一緒に参加してくださったお客様と、あれこれ話しながらまわったり。



SONY DSC

発酵槽や蒸溜釜が想像以上に大きくて、迫力がありました!

こんなに間近で、製造現場を見れるなんて。

工程の説明もちゃんとあるので、この釜の中で何が行われているのか、など具体的に勉強することができました。


いろいろ写真は撮ったのですが、これから行く人のワクワクを奪わぬよう、これくらいにしましょう。

 

SONY DSC
そして何より?楽しみにしていたのが、最後のテイスティング!

おつまみも出してもらって、飲み比べ。

シングルモルトウイスキー。

工場の場所選び、製造現場から、味のブレンドを決めるブレンダーから、こだわりがこんなにつまっているんだな~。

・・・と、感動したものの、

まだまだ味の違いがわからないお子ちゃまな舌で残念。

もちろん、美味しくいただきました^^

 

私はまずはビール工場に行かないといけませんね(ビールが一番好き♡)

 

SONY DSC

資料館もあって、サントリーのことをたくさん知ることが出来ますよ!

 

こんなかたちで、工場見学イベントは例年開催しております!
また2013年、2014年の様子も後日アップしたいと思います~

 

お気軽にお問い合わせください!

-電話でお問い合わせの方-
神戸本社    TEL:       FAX:  078-862-5772

営業時間:    月~金    午前10時~午後6時30分 ※営業時間外は留守番電話設定になっております。 お客様のお名前とお電話番号をメッセージに残して下さい。翌営業日に折り返しお電話させていただきます。

-メールでお問い合わせの方-   お問い合わせフォーム

-事務所へのアクセス情報はこちら-   アクセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る