特許がテーマのテレビ

東京 特許 許可局

って早口言葉でありますよね。

 

ご存知の通り、そんな特許許可局なんてものは存在しません。
「経済産業省 特許庁」であり、特許を許可するとも言いません。
早口言葉としてはとてもいいアイデアです!

(「特許局」だったら、特許庁の昔の名前だそう。)

 

 

知的財産に縁のない仕事をしている方や学生のみなさんには、

「特許」

ってやっぱりイメージが沸きにくいものだと思います。

 

法律や弁護士は、日頃からテレビでもよく出てくるし、身近な存在でしょうが、

知的財産法 特許事務所 弁理士

となると、なんのこっちゃでしょう。

 

book-pages-657165_1280

 

つい先日みていたドラマでも、特許が題材だったのですが、

弁理士先生というワードも出て、

「全く同じ特許が、2日前に○×社からでていたんです…」

「特許を取り戻すんだ!」

みたいな展開でワクワクしたのですが・・・やっぱりそれ以上に深くは取り上げられませんでしたね。

深く掘り下げていたら難しくなりすぎちゃうんでしょうけどね。

 

個人的には、弁理士が主役のドラマとかつくってほしい!

(そうだなあ、私のイメージでは… 主役弁理士は、高橋克実さんとか?おもしろくないかな~?)

 

 

特許、知的財産、深く知るととてもとても面白い世界ですが、

まあ、そこまで深くなくとも、ざっくりどんなイメージかつかみたい、と思ってもなかなかそんなチャンスがないでしょう。

 

知財業界ってどんな仕事なんだろうと思っている学生さんに私がよくおすすめするのは、

池井戸潤さんの直木賞で話題になった

 

「下町ロケット」

atlantis-space-shuttle-884641_1280

 

なんと、10月から連続ドラマになるそうです!

 

特別ドラマ?の方はDVDをかりてみましたが、今回の連ドラも絶対みます。

(まあ、まずは本を読むことをおすすめしますが)

一応弁理士も出てくるし、テーマが特許抗争なのです。

難しい内容ながらわかりやすく知財の仕事が紹介されるので、イメージだけでも、こんな仕事なんだ、と思ってもらえると思います。

もちろん、そこから特許翻訳に繋げるのはまた少し遠い話ですが。

しかも今回は、続編もあるみたいで…!!!めっちゃ楽しみにしています☆

 

 

オダギリジョーさんが、高橋是清を演じるドラマも明日からNHKであるみたい。

日本史に弱い私は、高橋是清って、2.26事件で亡くなったあのお方、

初代特許庁長官なんです

特許庁HPにも説明がでていましたこちら

ドラマはどんな内容になるのか、楽しみです!

 

 

おすすめの特許関係の物語や映画があったらぜひ教えて下さい;)

 

お気軽にお問い合わせください!

-電話でお問い合わせの方-
神戸本社    TEL:       FAX:  078-862-5772

営業時間:    月~金    午前10時~午後6時30分 ※営業時間外は留守番電話設定になっております。 お客様のお名前とお電話番号をメッセージに残して下さい。翌営業日に折り返しお電話させていただきます。

-メールでお問い合わせの方-   お問い合わせフォーム

-事務所へのアクセス情報はこちら-   アクセス

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る